ビットコインが大暴落!?1番の原因はインドの規制にあった!

どうも!プロFXトレーダーのゴリです。

 

最近ビットコインが大暴落して、なぜビットコインの価値が下がっているのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。そのうちの1つの原因としてはインドの規制にあることをご存じでしょうか?今日は仮想通貨の変動原因の1つである、インドについて記事にしていきたいと思います。

 

インドは仮想通貨を法定通貨と認めないことを発表

2月1日の予算演説にて、インドの財務大臣Arun Jaitley(アラン・ジャイトレー)氏がインドは仮想通貨を法定通貨としないことを宣言しました。

 

続けて「不法な活動や決済システムの一部として、インドにおける仮想通貨の使用を停止させるためにあらゆることを行うつもりだ」と述べたのですが、これを過剰にとって受け取ったメディアが「インドでは仮想通貨投資が行われなくなる!」と偏向報道をおこなった結果、このようなビットコインの下落が起こったわけですね。

 

ただ、この宣言は仮想通貨を禁止するということではなく、不法に仮想通貨の取引を行っているものを粛正するということを言っています。つまり仮想通貨については逆に賛成しているわけですね。

 

特に「ブロックチェーンの技術」については、推薦していく姿勢を見せています。これからの世界でブロックチェーンは当たり前になることを予感しているわけですね。それだけインドは最先端な国なわけです。

 

仮想通貨はまだまだ発展途上の場である

仮想通貨というのはまだまだ発展途上の場です。こうやって大きく変動する時があと何回かはくることでしょう。FXでのリーマンショックなど、相場の世界では価格変動が起こる事件はいくらでもおきます。

 

私の予想では、ゆるやかとビットコインの価値は上がっていくかと思いますので、参入余地は十分にあるといってよいでしょう。

 

経済が豊かになるか、なくなっていくのか。これから仮想通貨に参入する時間によって大きく変動していくのかもしれません。

 

まとめ

ビットコインの大暴落はインドの発言が大きく影響しているということをお伝えしました。

 

これからも最新ニュースをお伝えできればと思いますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

仮想通貨がはじめての方も簡単操作で購入できる取引所

一番おすすめな取引所Zaif(ザイフ)です。たくさんの通貨が取引可能なだけじゃなくて手数料がダントツで安い!それどころかビットコインを取引すると手数料がもらえる、唯一の取引所になります。
           

コメントを残す