facebookの株価が暴落!しかしLINEは仮想通貨業界に参入!なぜ?

Facebookの株価が暴落しました。仮想通貨の広告をFacebookが全面禁止にしたために起こったそうです。仮想通貨の広告を禁止しただけで株価が下降するなんてすごい世界になりましたね。

 

とはいえ、仮想通貨関係の人たちはこの暴落を見て何を学べばよいのか?今回はそんなFacebookに焦点を当てて記事にしていきたいと思います。

 

仮想通貨に世界中が興味を持ち始めた

仮想通貨が世界中から興味をもたれ始めた。これは今回のFacebookの株価が暴落したことを象徴していると思います。

 

仮想通貨の広告を禁止しただけでこんなにも株価が減少したわけですから、以下に世界が仮想通貨に興味をもってるかということがわかりますよね。2018年は仮想通貨が一般化するといっても過言ではない年になると思います。

 

というか断言します。絶対に仮想通貨は一般に普及していくと思いますよ。円とかドルもあと数十年もすれば価値がなくなるのではないか?と私自身考えています。この仮想通貨の波に乗り遅れないようにしないと、ますます貧富の差が拡大することになるでしょう。

 

Facebookは仮想通貨を否定しているわけではない

facebookは仮想通貨を否定しているわけではなく、仮想通貨の広告はまともな企業っぽくはないため禁止にしたんだそうです。

 

まあ確かに、これがFXだと仮定するなら

 

「ドルが今安いよ!みんなで爆買いしてお金持ちになろう!」

 

と煽っているようなものですから、確かにまともな企業には一般的には見えないのかもしれません。広告は禁止にしていますが、おそらく利益は仮想通貨に投資しているのではないかと思われます。

 

LINEが仮想通貨業界に参入を決定

LINEは金融事業関連の新会社「LINE Financial」を設立することに決定。取引所も兼任するため、ここでの取引も可能になる模様。くるべき時がきたか・・・という感じですね。実際問題若干遅すぎるような気もしますが。

 

ただ、やはりLINEは日本人に広く浸透しており、今や使っていない人はいないぐらいの普及率です。ここを軸に仮想通貨業界に入っていくとなると、一般の人に仮想通貨が普及するのは時間の問題なのかもしれません。

 

まとめ

Facebookの大暴落は仮想通貨の広告を禁止したことによって起こりました。

 

とはいえ、これから仮想通貨は日常に溶け込んでいくものだと思いますので、是非今の内から勉強していくことをおすすめ致します。

仮想通貨がはじめての方も簡単操作で購入できる取引所

一番おすすめな取引所Zaif(ザイフ)です。たくさんの通貨が取引可能なだけじゃなくて手数料がダントツで安い!それどころかビットコインを取引すると手数料がもらえる、唯一の取引所になります。
           

コメントを残す