95%の初心者が間違える!仮想通貨FXの正しい始め方マニュアル!少額で始めよう

仮想通貨FXを始めてみたいけど何から始めたらいいの?

 

 

 

仮想通貨FXは中々難しいですよね。初心者がまちがえてしまう点としては

  • いきなり高額レートで始めてしまう
  • 自分流で取引を行ってしまう

などたくさんの失敗があります。やはり物事というのは習得の順番を考えてから行うということが大事です。

今回はそんな仮想通貨FXの正しい始め方を順を追って説明していこうと思います。

この記事を読んでしっかりと実行すれば

  1. 取引所の開設
  2. 実際のFX取引のやり方
  3. FX取引の勉強方法
  4. FXの勝ち方

などを学ぶことができますので、しっかりと勉強してみてください。

Contents

仮想通貨FXを始めるのに必要なのは資金と口座のみ

仮想通貨FXを始める際、必要になってくるのは資金と口座のみになります。

初心者の方は高額レートで始めてしまうのが一番の失敗です。というのも初心者のうちはリアルトレードの精神的な負担になれていないため、95%の人が負けてしまうのです。

僕自身も最初FXを始めた時は10万もの損失を出してしまいました。

10万の損失!?そんなに損失を出さないと勝てないものなの!?

 

 

小学生の時に行っていましたので、当時は絶望を感じていたのを今でも覚えています。

そのため、初心者の方は低資金から始めていきましょう。

仮想通貨FXにおいてはレバレッジという制度があります。

レバレッジ

FXにおいて少ない資金で大きな取引が出来る制度、例えば、レバレッジ25倍だとすると、4万円の資金で100万円の取引が可能になる。

口座に必要な資金としては、最初は15000円もあれば取引を始めることができます。

そのため、最初は高額を取引所に入れず15000円ほど入金してFXを始めてみましょう。

仮想通貨FXの正しい始め方

1.リアルトレードをしてみる

仮想通貨FXにおいて大切なことは、リアルトレードを行うことです。

実際に取引をしてみるとわかるのですが、リアルトレードを行って自分にプレッシャーがかかってくると正常に取引をすることが難しくなってきます。

デモトレードなども各取引所には用意されていますが、そこで大勝した所であまり勉強にはなりません。

そのため、初心者の方はいきなりリアルトレードの世界に飛び込みましょう。それが勝ち残るための秘訣になります。

2.インターネットや本を読んで仮想通貨FXについて勉強する

インターネットや本を読んで仮想通貨FXについての勉強することもすごく大事になってきます。

リアルトレードだけ行っていても充分経験値はつまれていくのですが、僕の経験上「仮想通貨FXの師匠」がいたほうが絶対にうまくいきやすいです。

僕も実際に始めた時には師匠がいましたし、自分ひとりの力では絶対にプロにはなれませんでした。

ですので、本やインターネットの情報からこの人の情報を信じてみよう!と決めてみて、その人が言うとおりに取引をしてみるのも1つの手だと思います。

取引の結果自分の取引方法と合わないなと思えば、ちがう取引手法を試してみる。といった方法を取るのが一番損も少なくすむ方法といえるでしょう。

少額取引なら資金15000円~2万円で始められます

仮想通貨FXを始める際に始める資金はどれぐらいがいいのか?

それは大体15000円前後あれば充分です。仮想通貨FXの最適な取引所ビットフライヤーでのビットコインFXは最低が0.01から購入できます。

現時点でビットコインが100万前後ですので、15000円程度あれば充分といえます。その際は0.01ビットコインから購入して慣れていくようにしましょう。

ビットフライヤーの画像

とりあえずビットコインの取引を始めたい人におすすめ!

 

取扱い仮想通貨 ビットコイン イーサリアムの3種類
カウント開設費用 無料
取引手数料 ビットコイン:0.01~0.15%
イーサリアム:0~0.20%
入出金方法  銀行振込・コンビニ支払・ペイジー入金・クレジットカード
入出金手数料  216円~756円

ビットフライヤー公式サイト

仮想通貨FXの口座開設の手順はたったの1分でできる!

仮想通貨FXにおいて重要な取引所の要素としては

  • セキュリティがしっかりしている
  • 少額取引が可能である
  • 2段階認証ができる
  • 色んな通貨で取引ができる

この4つの要素を満たすことが重要です。

その中で僕がおすすめする取引所はビットフライヤーになります。取引所の詳しい情報は下記の記事をご覧ください。

公式サイトにメールアドレスを登録

まずは、ビットフライヤーの公式サイトを開きましょう。

メールアドレスを登録します。

すると以下のような画面になりますので、メールアドレスを確認しましょう。

下記のキーワードと書かれている言葉をコピーします。

メールアドレスに届いたパスワードを入力し、アカウント作成を入力します。

これだけで終了です。ここまでおよそ1分です。

取引を開始するための準備

ビットフライヤーで仮想通貨FXを始める際に必要なものは

  • 氏名・年齢・住所を入力
  • 本人確認資料の添付または送付
  • 日本円の入金

の3つになります。

このように簡単に仮想通貨FXを始める事ができます。ただし、取引を開始するまでに数週間~程度かかる場合があるため、悩んでいる暇があったらとりあえずでも申し込んでおくことをおすすめ致しますよ。

少額取引をするのにオススメの会社を紹介!

ビットフライヤー

ビットフライヤーの画像

とりあえずビットコインの取引を始めたい人におすすめ!

 

取扱い仮想通貨 ビットコイン イーサリアムの3種類
カウント開設費用 無料
取引手数料 ビットコイン:0.01~0.15%
イーサリアム:0~0.20%
入出金方法  銀行振込・コンビニ支払・ペイジー入金・クレジットカード
入出金手数料  216円~756円

ビットフライヤー公式サイト

 

Bitmex

アルトコインFXなら絶対にココ!

 

取扱い仮想通貨 ビットコイン リップルなど11種類
カウント開設費用 無料
取引手数料 ビットコイン:-0.025%~0.075%
入出金方法  銀行振込・コンビニ支払・ペイジー入金・クレジットカード
入出金手数料  0.001BTC~

ビットメックス公式サイト

FXを始める準備として知っておきたい5大FX基本用語

仮想通貨FXを始めるにあたって押させておきたい単語というのがいくつか存在します。
 
今回は取引にあたって、これだけは押さえておかないとまずい!というものをピックアップしています。
 
  • レバレッジ
  • エントリー
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • デモトレード

の以上5つです。

レバレッジ

レバレッジをかけると少ないお金で大きな取引を行うことができます。

ビットフライヤーで言えば1~15倍、ビットメックスに関しては1~100倍の取引が可能です。

100倍ってすごいですよね!ただ100倍にしちゃうと、あっという間に資産が溶けてしまいますので、初心者は必ずレバレッジを1倍にセッティングしておきましょう。

 

簡単に言えば、レバレッジが10倍なら10万円で100万円分のビットコイン取引が可能になるということなんですね!

ただ、値動きが激しい仮想通貨業界において、2倍以上のレバレッジ取引はかなり危ないですので、自己責任で取引を行いましょう。

エントリー

エントリー、もしくはポジションといいます。仮にビットコインを例えば100万のときに買ったのであれば、100万でエントリーしたということになります。

FX業界では、値段があがると予想したらロング、値段が下がると予想したらショートといいます。

つまり、ビットコイン100万円が高くなると予想してロングしたとすると、「100万円ロングでエントリーした(ポジションを持った)」なんて言い方をします。

スプレッド

スプレッドは俗にいう手数料のことです。この手数料をもらって、取引所などは運営をしています。

現在でいえばアルトコインはスプレッドが高い傾向に、ビットコインは安い傾向にあります。

また、ザイフ(Zaif)Bitmex(ビットメックス)などでビットコイン取引をすれば、逆にスプレッドをもらうことができたりなんかもします。

スワップポイント

スワップポイントとはロングのポジション(値段が上がると予想すること)を持った時にもらえるお金のことです。

ショートのポジション(値段が下がると予想すること)を持った場合には逆にスワップポイントを支払わなければなりません。

FXなどでは1日100円以上もらえる通貨なども存在するため、スワップポイント戦略なんて戦い方もあります。仮想通貨は値動きが激しい&スワップポイントがそんなに高くないので、スワップポイント戦略は向きません。

デモトレード

デモトレードとはその名のとおり仮想でトレードをするものになります。

つまりは実際の取引のシミュレーションができてしまうということですね。ビットフライヤ-などが提供していますので、興味のある方は下記のリンクからどうぞ。

リスクヘッジの観点から、複数のFX会社で口座開設しよう

最近取引所関係の事件が多数起こっています。NEM流出事件だったり、通貨の販売を急に禁止にしたりなどなど・・・。

こういった事件に巻き込まれたりすると自分の資産が凍結されることにもなってしまうかもしれません。

そうならないためにも複数の仮想通貨の取引所で口座を開設することをおすすめいたします。

ビットフライヤー

ビットフライヤーの画像

とりあえずビットコインの取引を始めたい人におすすめ!

 

取扱い仮想通貨 ビットコイン イーサリアムの3種類
カウント開設費用 無料
取引手数料 ビットコイン:0.01~0.15%
イーサリアム:0~0.20%
入出金方法  銀行振込・コンビニ支払・ペイジー入金・クレジットカード
入出金手数料  216円~756円

ビットフライヤー公式サイト

 

Bitmex

アルトコインFXなら絶対にココ!

 

取扱い仮想通貨 ビットコイン リップルなど11種類
カウント開設費用 無料
取引手数料 ビットコイン:-0.025%~0.075%
入出金方法  銀行振込・コンビニ支払・ペイジー入金・クレジットカード
入出金手数料  0.001BTC~

ビットメックス公式サイト

1~2万円準備できない人はAirdropをもらおう

仮想通貨においてAirdropというものがあります。

Airdropは新しくできた通貨をより広く広めるために、仮想通貨を発行した人が無料で配る仮想通貨になります。

そのため、資金の1~2万がたまるまで、徹底的にAirdropをもらうというのも1つの手なのかなと思います。

実際、私もAirdropをもらっていますが、時価が5万になったAirdropなども存在します。

Airdropは

  • 期間限定
  • 早い者勝ち

ですので、見つけたAirdropはできるだけ早く手に入れておいた方が良いでしょう。

その他基本知識コンテンツ

自分に合った取引スタイルの決め方

仮想通貨FXの取引で儲けるためには自分の投資スタイルを確立させる必要があります。

FX系の取引において大きく分類すると戦略として

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタル分析

この2つに分類することができます。

テクニカル分析

テクニカル分析には大きくわけると4種類の分析方法があります。主に時間軸で分けることができますので、見ていきましょう。

(1)一瞬の「スキャルピング」

スキャルピングは数分から長くても1日で取引を終了するトレード方法になります。

取引のチャートをずっと見ておかないといけないため、主にトレードだけで食べている専業トレーダーが好んで使うトレード方法になります。

(2)安心の「デイトレード」

デイトレードはその名のとおり1日~数日で取引を終了するトレード方法になります。

これも割と取引のチャートを見ておかなければならないため、専業トレーダーの多くが使う手法です。

あとは、ギャンブル目的のサラリーマンなどがこの手法をとってしまいがちになります。

(3)損切りの「スイングトレード」

スイングトレードは主に数週間~数か月かけてトレードを行う方法になります。

相場の波を大きく見分ける必要があるトレード方法です。

FXをする際には僕はこのスイングトレードを使うことが多かったです。通貨の流れが読めるようになると大きな利益を得ることができるためです。

ですが、仮想通貨は短時間で大きく動く通貨になりますので、スイングトレードは熟練していないと中々難しい手法と言えるでしょう。

(4)マクロ視点の「中長期トレード」

中長期トレードはその名のとおり、数か月~数年以上を見据えて取引をする方法です。

仮想通貨初期の場合はこのトレード方法が一番安全といえる取引方法でした。

ですが、現在は大きく値が動きやすいため、予想と反対方向に動くとかなりの危険を伴います。

(5)仮想通貨FXには「裁量取引」と「自動売買(システムトレード)」がある

仮想通貨FXは「裁量取引」と「自動売買(システムトレード)」が存在します。

裁量取引・・・自分で自由に取引をする方法

自動売買(システムトレード)・・・AIやシステムにまかせて取引をする方法

裁量取引は自分で取引をする形とシステムを使って自動的に売買をする方法があります。

けれど、仮想通貨業界はまだまだ発展途上です。システムで自動的に利益を得る方法を探すのもいいのですが、まずは自分で取引をして利益を得てからシステムを利用するのが賢い選択でしょう。

というのもいつでも勝てるシステムというのは存在しません。

取引初心者がシステムで資産がマイナスになっているのを耐えれるでしょうか?多分ですが耐えれないと思います。

どうしてもシステムトレードをされる方はまずは取引をして、実際に資産をプラスやマイナスにしてから行うと良いでしょう。

ということで、次からは実際に取引を行っていきたいと思います。

 

 
 
 

ビットフライヤーでの仮想通貨FXの始め方

それではこれから、ビットフライヤーで実際に取引を始めていきましょう。

まず用意するものは、記事の上部で説明しました口座が必要になってきます。ですので、ビットフライヤーで口座が開設されている前提で話を進めていきます。

1.ビットフライヤーで最初にしておく設定

ビットフライヤーで取引を行っていく上で、必ずやっておくべき設定があります。それは2つあって

  • レバレッジを1倍に設定しておく
  • 取引の音を消す

この2点を必ず設定しておきましょう。特に取引の音を消しておかないとものすごくうるさいです。僕もこの取引の音を消すのに相当苦労しましたので、この記事を読んだら必ず行っておきましょう。

レバレッジを1倍に設定

それではレバレッジを1倍に設定します。

まずはビットフライヤーの公式サイトを開きましょう。

 

右上のログインを押し、各種情報を入力し取引所を開きます。

その後赤印のbitflyer Lightningをクリックしましょう。

ここで仮想通貨FXの取引を行うことができます。その後取引画面が開いたら、左上の設定画面をクリックします。

そして、下記の設定ボタンを押しましょう。

その中に

  • レバレッジ
  • サウンド

という項目がありますので、レバレッジを1倍に、サウンドを一般的な音を鳴らすのみにしましょう。

サウンドがうるさくてたまりませんでしたよね?これでやっと取引音から解放されます。

これでビットフライヤーでの初期設定は終了となります。

仮想通貨FXは動きが激しい取引ですので、レバレッジは必ず1倍に設定しておきましょう。

でないと損をした時が大変になりますので、必ずレバレッジを1倍にするリスクヘッジを行っておきましょう。

2、トレードクラスにクラスを変更

ビットフライヤーではトレードクラスになることで初めて、仮想通貨FXを行うことができるようになります。

各種の本人確認の手続きのみになりますので、ちゃっちゃっとすませてしまいましょう。

3、証拠金の補充

仮想通貨FXを行うには証拠金をビットフライヤーに入れる必要があります。

FXにおける証拠金とは?

FXにおいて、証拠金とは「担保」のようなものと考えるとしっくりくると思います。

取引所にて取引を行うためには証拠金を取引所に入れておくことが必要になってきます。

そして、その担保の範囲内で何十倍~何百倍の取引が可能になるというのがFXの仕組みです。

それでは、証拠金について学んだところで実際に証拠金をビットフライヤーに入れていきましょう。

入出金をクリックして、日本円ご入金をクリックします。そうするとビットフライヤーの口座が出てきますので、銀行口座から入金しましょう。

そして、bitFlyer Lightningを開き、サウンド設定の時と同じように設定画面を出します。

入手金の項目をクリックしましょう。

すると下記のような画面がでてきます。

ビットフライヤーに入金したお金を証拠金口座に預入れをして、初めて仮想通貨FXができるようになります。

覚えてしまえば簡単なステップになりますので、是非一度行ってみて下さい。

 

3つの基本的な注文方法~成行・指値・逆指値~

それでは次から、取引の基本的なやり方を解説していきたいと思います。ここから仮想通貨投資の一歩を踏み出していきましょう!

 

 

 

ビットフライヤーFXにおいて仮想通貨FXの取引方法というのは下の各種が存在しますので、最初はなんとなくで構いませんので全体を把握しておきましょう。

成行注文

「成行」簡単に言えば、その場の値段でその通貨を買ったり売ったりしますよ!という注文になります。

指値注文

「指値」とは、ここの値段に来たらこの通貨を売ったり買ったりする!という注文方法になります。

例えばビットコインが100万だった時に、110万になったら自動的に買う!といった注文の仕方になります。

特殊注文

「成行」と「指値」がいわゆる基本的な注文方法になります。それに加えて少し特殊な「特殊注文」という注文の仕方もありますので解説しておきます。

STOP

STOP注文は、「金額が下がったら売り」「金額が上がったら買い」という注文を出すことができる注文方法です。FX投資におけるいわゆる損切りというやつですね。

損切り・・・ある通貨で損失が出ている際に、決済を行い損失を確定させること。

STOP-LIMIT

STOP-LIMIT注文は、STOP注文と非常に似ているのですが、違うのは「金額が下がったら指値売り」「金額が上がったら指値買い」を行えるところです。

  • 金額が上がったり下がったりした時に、成行で注文するのがSTOP注文
  • 金額が上がったり下がったりした時に、指値で注文するのがSTOP-LIMIT注文

と覚えておくとわかりやすいかなと思います。

TRAILING

TRAILING注文とは「トレール」つまり「追尾」して注文を行えるという方法になります。

言葉を要約すると”注文を入れた際のロスカット幅をどんどん更新しながら行っていける注文ということになります。

上記の例で見ていくと、トレール幅を30万円にしていたとして、ビットコインを70万円で購入したとします。この時トレール幅が30万円ですので、40万円になったら損切りを自動的に行うことになります。

その後値段が上がっていき値段が70万円から100万円に上がったとすると、自動的に損切りラインが70万円になる。という注文になります。

特殊注文の組み合わせ

今までの注文方法を組み合わせることもできます。組み合わせができる特殊注文の方法を見ていきましょう。

IFD

IFDは「If done」の略で「もし~~ならそれをする」という注文になります。

例えばビットコインが100万円だとして、110万になったときに買いを入れて100万の損切りラインを入れる。なんてことができたりします。

OCO

OCO注文とは、「どちらかの注文が通ったら、どちらかの注文はキャンセルする」という注文になります。

一般的に多くつかわれるのは、新規注文を入れた時に、ここまで上がったら利確でここまで下がったら損切りしよう。なんて注文が多いのではないでしょうか。

IFD-OCO

IFD-OCOは「If done OCO」の略で「もし~~ができたらOCOを行う」という注文になります。

ビットコインが現在100万円だとして、110万円になったら買いの注文を入れた時、同時に110万に指値90万に損切りを入れる。といったことができる注文になります。

仮想通貨FX初心者が読むべき本

仮想通貨FXを始める前に読んでおきたい本を紹介しておきます。僕も実際に読んでこれは!!!と思った本だけを紹介しておきたいと思います。

また、この本達を読んでいくと、仮想通貨FXを戦う上での技術が身についていきますので、是非読んでみてください!

僕が一番おすすめする技法、うねり取りを教えてくれる一冊です。

これを読んでおくだけで株に勝てるようになりましたので、是非購読しておくことをおすすめいたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨FXはやり方を間違えなければ比較的初心者でも勝ちやすい投資だと思います。

次からは仮想通貨FXで勝つための技法や戦略などを書いていきたいと思いますので、次の記事も是非楽しみにして頂ければと思います!

 

仮想通貨がはじめての方も簡単操作で購入できる取引所

一番おすすめな取引所Zaif(ザイフ)です。たくさんの通貨が取引可能なだけじゃなくて手数料がダントツで安い!それどころかビットコインを取引すると手数料がもらえる、唯一の取引所になります。
           

コメントを残す